Profile

甲田益也子(こうだみやこ)

1980年
資生堂「花椿」誌の表紙モデルでデビュー。
その後、ファッション雑誌等のモデルを始め、一躍注目を浴びる。


1982年 
マガジンハウス「anan」の専属モデルとなり約1年半ほどつとめ、その独特な容姿と存在感が熱狂的な支持を受け、時代のカリスマ的存在となる。


1983年
木村達司(作編曲家・プロデューサー)と共に「dip in the pool 」結成。作詞・ボーカルを担当。
85年に英国レーベル "ROUGH TRADE" よりデビュー。国内で10枚、海外で3枚のアルバムを発表。その独自の音楽性は、内外において注目されている。
また、独特な詞の世界からも伺い知れる、創作家としての才能をあらわす文章も、企画本、雑誌等で発表。


1989年
映画「ファンシイダンス」(周防正行監督)で映画初出演。


1995年
細野晴臣のユニット「LOVE, PEACE&TRANCE」に参加し、同タイトルのアルバムをリリース。


1998年3月 
初のソロアルバム「jupiter」リリース。


1999年11月
映画「白痴」(手塚眞監督)に出演。


2003年2月
映画「すべては夜から生まれる」(甲斐田祐輔監督)に出演。


2003年5月
映画「NOEL」(梨木友徳監督)に出演。


2004年4月 
清水靖晃のプロデュース、ソロアルバム「SEVENTH GARDEN」にヴォイス(詩の朗読)参加。


2005年3月 
映画「カナリア」(塩田明彦監督)に出演。


2006年 
BBMCより発売のオムニバスアルバム「春」に、ヘンデル作「LASCIA CH’IO PIANGA」のカバーで、dip in the poolとして参加。


2008年4月 
小西康陽プロデュース、オムニバスアルバム「うたとギター。ピアノ。ことば」に「エーデ ルワイス」日本語詞作詞、歌唱で参加。


2008年11月 
トベタ・バジュンのプロデュース、ソロアルバム「青い蝶」に「Botan」で作詞、歌唱参加。


2005年〜2009年 
ジョンソン・エンド・ジョンソンRoC化粧品の広告モデル「RoCウーマン」をつとめる。


2011年5月
dip in the poolとしては14年ぶりのアルバム「brown eyes」をリリース。


2013年8月
木村達司、モーガン・フィッシャー、安田寿之の共作アンビエント・アルバム「Portmanteau」に作詞及び歌唱で3曲参加。


2014年3月
3月7日創刊の月刊誌「大人のおしゃれ手帖」(宝島社)にてヴィジュアル(モデル)+テキストのページ「スチール・ライフ」を隔月連載開始。


2015年1月
dip in the pool 10枚目にあたるアルバム「HIGHWIRE WALKER」をリリース。
同年10月
初のベストアルバム、ワーナー時代の音源CDとPV集DVDとの組合せ作品「dipper 1985-91 + dipping」をリリース。


2015年6月 
PIZZICATO ONE名義の小西康陽ソロアルバム「わたくしの二十世紀」に2曲歌唱参加。


2016年11月
1998年リリースのソロアルバム「jupiter」のリマスター盤とそのリミックス集「in the shadow of jupiter」をリリース。


2017年2月
米国の電子音楽ユニットVisible Cloaksのアルバムにソロ及びdip in the poolとして作詞、朗読、歌唱参加。

Top slideshow photos

 

Profile

「an an」1984
 
 
「BLITZ」1989
 
 
Photo by Yoshihiko Uede
1998
 
 
Photo by Aya Tokunaga (KiKi inc.)
「GLOW」2011
 
 
Photo by Hiroyuki Nakano
2015